ハムスター

ハムスターが飼いたい!!

 

ペットショップで可愛いハムスターを見て、一目で飼いたくなっちゃいました。

 

ハムスターと言っても様々な種類のハムスターが居ることを知りました。有名なハムスターの種類ですと、ゴールデンハムスター、ジャンガリアンハムスターロボロフスキーハムスター、
キンクマハムスターなどなど

 

 

ちっちゃくてかわいらしいハムスター

 

ハムスターを飼うにはどんな準備が必要なのでしょう?家は?餌は?ハムスターは寒がりなの?暑がりなの?

 

ちょっと、調べてみましたのでご紹介いたします。

 

ハムスターの住まい(ケージ)について

 

 

まず用意するものとしては、ケージが挙げられます。あまり活発な動物ではないので、広い場所に出してあげたとしても隅の方で丸くなっていることがほとんどです。

 

 

暗くて狭い場所が大好きなので、それほど大きいものを用意する必要はありません。それよりも安心して隠れることのできる場所を設置することが大切です。

 

 

ペットショップなどを見ると水槽を使っているところが多く見られますが、これはお客さんからよく見やすいようにしているだけです。

 

 

自宅で飼うのであれば水飲みや回し車などが一体化しているプラスチック製のものの方が、通気性もよく掃除がしやすいためお勧めです。

 

 

そしてハムスターは地中に巣をつくる習性があるため、必ず床材を敷いてあげる必要があります。中には新聞紙を使っている人も見られますが、これはインクが付いているためあまり良いとは言えません。おがくずなどを敷くことがお勧めです。

 

 

ハムスターはトイレを覚えることができますが、万が一もらしてしまった場合でも、おがくずであれば吸収することができ衛生的です。木でできているのでアレルギーの心配もないでしょう。

 

 

最後にケージをおく場所についてですが、直射日光が当たる場所や、寒暖差の激しい場所、湿度の高くなる場所はできる限り避けましょう。

 

 

音にも敏感な生き物なので、テレビやドアの近くなど大きな音がしやすいところは避けるべきです。温度が安定していて静かな場所、さらには様子が見えるようにするために目の高さに置くのが理想的です。

適度の運動が大事

 

適度に運動することができる環境を作るということが大事です。

 

 

なぜなら運動不足になってしまうと太りがちになってしまったり場合によっては病気を患ってしまう危険性があるからです。

 

 

ハムスターにとって運動は必須ですが、ただ狭いケージの中で飼育するだけでは必要な運動をすることができません。

 

 

そんなときに有効活用することができる道具が回し車です。回し車はペットショップなどでも簡単に購入することができます。

 

 

運動不足を解消するためにも回し車を設置することで、いつでも好きな時にハムスターが運動をすることができるようになります。

 

 

様々なサイズのものが売られているので、自分の飼っているハムスターの体格に合わせたものを選ぶと良いです。

 

 

お勧めなのはケージに取り付けることができるタイプですね。このタイプだとスペースも有効に使えます。回し車を選ぶときは自分の飼っているハムスターに適合したサイズのものを選ぶことが大切です。

 

 

与えるえさの管理をしっかりと

 

 

ハムスターは自分自身の健康を自力で守ることはできませんので、えさの管理をしてあげましょう。

 

 

ひまわりの種などは嗜好性が高い場合が多くなっていますが、糖分や油分がたくさん含まれているので与えすぎてしまうと肥満になったり病気になる恐れがあります。

 

 

食べている姿が可愛いからといって思う存分与えてしまう行為は危険なので、飼い主がしっかりとえさの量を調節するようにします。

 

 

えさをあげるときは栄養などをしっかりと確認して、自分の飼っているハムスターの体格に合った量をあげることが大事です。

 

 

野菜などはおやつ程度に与えても良いですが、中にはねぎなどといったハムスターにとって害のある食材も存在するので、事前に与えて良いかどうかを必ず確認するようにします。

 

 

人間側がきっちりと食事のコントロールをすることで、健康的で長生きできるハムスターにすることができます。

温度と湿度を管理しましょう

 

 

温度や湿度のコントロールをきちんとするということです。

 

 

寒すぎたり暑すぎる場所にケージを設置してしまうとハムスターが快適に過ごすことができなくなってしまいますし、下手をするとハムスターの寿命を縮めてしまう恐れもります。

 

 

更には、寒すぎる場合は冬眠してしまいそのまま死んでしまうということもあるので注意が必要です。せっかく我が家にやってきたハムスターが寒くて凍え死んでしまうなんで悲しすぎます。

 

 

エアコンなどを活用して過ごしやすい湿度と温度になるように心掛けましょう。ケージに湿度計や温度計を置いておくと良いです。

 

 

更新履歴
page top